恋愛マニュアル

恋愛マニュアルその3 リアルモテ君は「運転テク」と「運転マナー」の両面を兼ね備えている!

2007年10月08日

 恋愛マニュアル・ポイント1

安全をゆだねられるだけのスキルをちゃんと持っている
女性は男性に比べて車の運転が苦手な人が多いのは確かです。
男性は運転テクニックが上手いに越したことはありません。
バックや縦列駐車が無駄のないハンドルさばきで一発で決まると

「この人、なかなかやるじゃ〜ん」と

声には出しませんが、心の中では多少のトキメキを感じるものです。
車をバック時の定番ポーズ(助手席のヘッドレストに左手をかけて、
右手の手のひらでハンドルを回す姿)は

運転上手+真剣な眼差し+安心感 =「素敵☆」に繋がります。


ただ、運転テクのない方、無理にかっこつけないで下さいね。
それはそれで、違った意味でドキドキします…。

また車という空間は密室であり、
走り出したら逃れることはできません。
密室性と距離の近さ、そして彼に
自分の安全をゆだねるしかないのです。
そんな状況で、運転上手の彼が、
頼もしく舵(ハンドルですが)をとって海原をゆけば
(あ、道路ですが)素敵に見えることは間違いありません。
いつもはふざけキャラなら、

真剣に前を見つめる顔でギャップをアピールするのも
いいかもしれませんね。



 恋愛マニュアル・ポイント2

「心のゆとり」がある運転は人間性もポイントアップ!
よくいますよね、ハンドル握ると人間が変わる人。
高速道路で合流できない車が前にいたとき
「チッ!」と舌を鳴らしたり、
トロトロ運転している人に「ったくよお!」と悪態をついたり、
クラクションを鳴らされたら「うっせえよ!」と怒鳴ったり、
さらには前の車に煽りをかけたり、
コーナリングに燃えたりしては人間性どころか
貴方の過去までも疑われかねません。
(あんた、族あがりだったのかよ!)

100年の恋も瞬間冷凍ですよ…。

モテ君の運転は常に「心のゆとりを持った運転ができること」
ちょっとしたことで、ぶつぶつ言わない、怒らない、あせらない。
度量の大きい所を彼女に見せてあげて下さい。
ちっぽけな男はこちらから願い下げです!!



 恋愛マニュアル・ポイント3

トラブル勃発のときほど冷静でいられる。

さらに危機に瀕したときにどう対応するかも
モテ君と非モテ君の分かれ目。

道に迷っても地図を見たり、人に道を尋ねたりして回避したり、
バッテリーが上がった時、タイヤがパンクした時、
その状況を見極めて適切な処置がとれるのがモテ君の行動。

そんな彼らは常に「落ち着き」を保っています。

また不安感を彼女に与えない気配りも持ち合わせているのです。
逆にイライラしたり同乗者に当り散らす人もいますね。
普段はいくら温厚に見える彼でも、そんな態度に出られたら

「人生の危機に瀕したとき、この人は絶対助けてくれない!」と

いずれ別れを告げられることもあるかもしれません…。
イザというときのトラブルシューティングは、
ある程度身に付けて!!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんな面倒くさいことやってられるか!と言う方はこれ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
posted by 恋愛マニュアル at 19:05 | Comment(0) | 恋愛マニュアルその3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。