恋愛マニュアル

恋愛マニュアルその10「いつも前向きなヒト」

2007年11月04日

 恋愛マニュアル・ポイント1
自分の仕事に誇りを持ち、常に真剣に取り組む姿勢

“これは所詮仕事だから”などと思わず、いつも一所懸命に取り組む姿は、女性だけでなく、周りの人全てに好印象を与えます。 また、その人自身の生き方に対する姿勢みたいなものが、一番わかりやすく伝わるうちのひとつが、仕事している姿とも言えます。

特にお客さんがいるような仕事の場合「お客さんに喜んでもらいたい」という姿勢は、自分の評価を上げるためというより、本当にその仕事が好きで熱心に取り組んでいる姿勢が伝わり、女性から見ても共感し好意を持つきっかけになるのでしょう。


恋愛マニュアル・ポイント2
悪条件もマイナスに受け取らず、プラスに転じることを考える姿勢

お客からの無理な要望に“どうせうまくいかない”と投げ出したりせず、“かえって新しい発想ができそう”と、前向きに捉える姿勢は気持ちのいいものです。
こういう時“こんな悪条件で何ができるっていうのさ”などと投げやりになってしまうと
非モテ君になってしまいます。

また、グチをあまり言わず、その解決法を考えるタイプだと良いようです。
少々のグチは仕方ありませんが、あまりにグチっぽい男性は、やはり女性に敬遠されてしまうもの。 こういうピンチの時を前向きに捉えることで、精神力の強さや思考の柔軟さが示され、女性から見れば、“頼もしい存在”として映ります。


恋愛マニュアル・ポイント3
評価や立場に甘んじることなく、前進し続ける姿勢

お客さんからの評価も高く、それなりにきちんとしたポジションを築きつつありながらも、
今後の自分がよりいいものを作れるようでありたいと、留学を決めるなど、
現在の位置付けや力量に甘んじることなく、成長しようと前進する道を考え、
しっかり実行に移しています。
一旦安定したポジションを手に入れると、勉強などのためとは言え、なかなか留学などを決めるのは
勇気のいることだと思いますが、そういう勇気や努力するところが魅力となり、女性の心をつかみます。
posted by 恋愛マニュアル at 00:39 | Comment(23) | 恋愛マニュアルその10

恋愛マニュアルその9 「自立した甘え上手なオトコ」

2007年11月01日

 恋愛マニュアル・ポイント1
生活力・自立心のある「芯の強さ」を持つオトコ

経済的に自立しているのはもちろん、
自分一人で炊事・洗濯・掃除などできるオトコはカッコイイ。
今の時代、「家事は女性がやるもの」なんて思っているオトコは非モテです(笑)
自分一人でなんでもやれるから、女性への負担も少ないし、「二人で一緒に料理」なんて共同作業もできるんですね!




恋愛マニュアル・ポイント2
さりげなく甘えられるツボも心得よ

男性だから甘えられない!なんていうのはナンセンス。
時と場所に応じて女性にさりげなく甘えられるというのはポイント高いですよ。

ただ、ここで気をつけなきゃいけないのは「甘え過ぎない」ということ。
それじゃただの「甘えてるだけ」の男になっちゃいますから。
程良い距離感を保ちつつも女性にうまく甘えられるのが大人のオトコです。




恋愛マニュアル・ポイント3
初対面の相手ともうまく合わせられる協調性

ダブルデート…。
友達にも紹介できちゃうし、友達の彼氏も判定できちゃうのがイイですよね。
このダブルデートで、いつもみたいに二人っきりじゃなくて、自分の彼氏が友達とその彼氏にどんな感じで接するのか、表情や態度を通して男性の素顔と本音をのぞくことができます。

協調性はないよりあったほうが方がもちろんいいですよね。
これもモテ君の大切なポイント


--------------------------------------------------------------------------------
posted by 恋愛マニュアル at 22:31 | Comment(1) | 恋愛マニュアルその9

恋愛マニュアルその8「その一言で好感度UP」

2007年10月28日

 恋愛マニュアル ・ポイント1
名前を呼ぶのはポイント高し

オンナノコは好きな人に名前を呼んでもらうのって無条件にうれしいんです。
名前を呼んでもらうことで、相手の中に自分の存在
(たとえどんなに小さいものであったって)を認められますから。
名前を呼び合うだけで幸せっていうのが恋愛マンガにもありますよね。
親や友達から呼んでもらうのと違う感じの、あれです。

そして、声を聞いただけで○○さんとわかってくれているのなら、なおポイント高し。
(内線電話だと番号表示でどこの部署かとかってわかるときもありますが…)
名前を覚えてもらうの同様、声を覚えてもらうのって意外とうれしいことなんですよ。

恋愛マニュアル・ポイント2
「ありがとう」というひとことは万能のクスリ

やっぱりお礼をさらりと言える人は格好いい。
本人はさして気にもせずに言っていることかもしれないけれど、今は電話をつないでもらったときの 「ありがとう」さえ言えない人が多いご時世なのでオンナノコは不意打ちされちゃうわけです。 夕方近く仕事に疲れてきた頃に「電話を繋いでくれて、ありがとう」なんて言われてたら、それだけでも「残りの時間も仕事がんばろう」なんて思えてきちゃいますからね。

「ありがとう」は言ってこそ意味が出てきます。
メールでの「ありがとう」よりも生の「ありがとう」です。


----------------------------------------------------------------
posted by 恋愛マニュアル at 12:27 | Comment(0) | 恋愛マニュアルその8

恋愛マニュアルその7 「ここが違う!モテ君blogの隠し味」

2007年10月26日

恋愛マニュアル・ポイント1

人に教えるからには自己開示ツールとして慎重な構築を
Blog、最近は本当に話題ですよね。
次期Windowsには、お気に入りのBlogの更新がすぐわかるツール
「RSSリーダー」が標準搭載されるから、さらに広まるはず。
匿名ではなく、名前や顔を出して日々を綴る人も多いから興味深い!
デザインセンスのよさに「おっ!?」と思ったり、

意外な趣味に評価を上げたり。話し言葉で綴られることも多いツールだから、
本人の雰囲気とまるで違う語り口調に
「ええっ、意外と気さくな人!?」なんてびっくりすることも!
Blogを見た時点で、多少なりともその人に興味を抱いていますからね。

逆に、単なる愚痴日記や、社の機密情報に抵触するようなことが書いてあったりすると… 仕事ぶりはおろか、明日の身まで心配になっちゃう(笑)
アメリカじゃBlogが原因で解雇されたりもしてますから。


恋愛マニュアル・ポイント2

仕事とはきっちりわけて
仕事用メールの書名欄に個人BlogのURLを入れるのがいいかどうか。
私はナシだと思いますが、仕事に特化した内容で、意識的に自己アピールの手段として使っている人はやり手に見えますね。
大きな案件を抱えるクライアントなら、担当者の人となりもチェックすると思いますし。
でも、愚痴や会社の悪口を書きたいなら匿名で、誰にも知らせずにやらなくちゃダメ。

また、基本ですが仕事時間中に更新しないこと。
ケータイメールでも気軽に更新できるところも多いですが、
仕事サボってますって公言してるようなものですよ〜。

posted by 恋愛マニュアル at 16:10 | Comment(0) | 恋愛マニュアルその7

恋愛マニュアルその6 指先のきれいな男

2007年10月20日

恋愛マニュアル・ポイント 1

清潔感
女性の嫌いな男ワーストの中でも不潔な男はダントツトップ。
飲食業だから手を洗い爪を切っておくのは当たり前のことなのですが、
爪の血色がいいというのは普段の生活態度も推し量れます。
健康な生活を送っているんだろうなぁ、と好感が持てます。

リアルモテ君で爪の長い人って、あんまりいないんじゃないかな?
爪が伸びて爪の間にゴミがたまっているのは論外! 非モテ君に格下げ!(笑)
普段から爪を切って、やすりなどで角を整えておくべし。

だって爪の長い男って、エッチのとき女性に嫌われること間違いない。
(え、わからない?風俗のお姉さんにでも聞いておいで!)


恋愛マニュアル・ポイント2

仕事へ取り組む姿勢
女性の関心をひくことばっかり考えているようではリアルモテへの道は遠いよ。
仕事のできる男の姿は女性にはまぶしく見えちゃうわけ。
今の自分の仕事を自信を持って頑張れば、会社での評価も上がるし、給料だってUPしちゃうかも。 しかも女性から羨望のまなざしまで受けちゃう特典付き(笑)
いや、ほんと。
posted by 恋愛マニュアル at 17:20 | Comment(0) | 恋愛マニュアルその6
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。